デイトレードの銘柄

株取引でデイトレードをやってみたいと考えていても、実際にはどういった銘柄をデイトレードしたらいいのかわからないと思っている方も 多いのではないでしょうか。このページではデイトレードを行うための銘柄選びについてご紹介したいと思います。

ランキング情報の活用

デイトレードとは一日のうちに株を買って売る超短期取引のことを指しますが、これは一日の間で取引を完結させなければならないことと同義であるため、銘柄選びがその日の損益を決定すると言っても決して過言ではありません。これにはちゃんと理由があり、買いたい銘柄があるのにこの銘柄を売ってくれる人がいない、銘柄を売りたいのにこの銘柄を買ってくれる人がいないという、言わば需要と供給が保たれていない銘柄がデイトレードにとっては不向きな銘柄と言えるからです。このような「買いたいのに買えない」、「売りたいのに売れない」という事態をできる限り避けるためにも、銘柄選びの時点で株価上昇率ランキングや出来高ランキング、売買代金ランキングなどを参考にする必要があります。証券会社によってはサービスの名称やランキングの内容は多少異なりますが、ランキング情報を利用する必要がある理由には、ランキング情報に登場する銘柄はある程度投資家の人気や注目を集めて取引されている銘柄であり、言うなればその日の旬な銘柄と言えるからです。さらに、自分だけでなく他のデイトレーダー達もこれらの指標を参考にして取引を行うわけですから、やはり確認をしておかないと市場に遅れ取ることになります。
Warning: include_once(/home/jzijjoj3/public_html/inc/randlink.php) [function.include-once]: failed to open stream: No such file or directory in /home/jzijjoj3/public_html/day3.html on line 54

Warning: include_once() [function.include]: Failed opening '/home/jzijjoj3/public_html/inc/randlink.php' for inclusion (include_path='.:/usr/lib/php:/usr/local/lib/php') in /home/jzijjoj3/public_html/day3.html on line 54

取引開始前のランキング情報の活用

上記のようにランキング情報を活用して銘柄を探すことが重要と言われても、デイトレードに限らず株取引に慣れていない方にとっては、どのように活用すればいいのかわからないという方も多いと思います。まず最初は、一日の取引が終了した後から翌日の前場の取引が始まる前までにランキング情報を参考にして取引の候補となる銘柄を探すことから始めます。銘柄を選ぶ時はなるべく単一に絞らず複数の銘柄を選ぶようにしましょう。これは、翌日取引しようと考えていた銘柄でも、翌日の時点で必ず売買が活発になるかどうかはランキング情報で確認している時点では把握できないからです。いくつか銘柄を選んだ後はリアルタイム株価ボードにその銘柄を登録して翌日の取引に備えておきましょう。

取引時間中のランキング情報の活用

デイトレードをしていれば、前日に選んだ銘柄すべてが当日になって人気がなくなり動きにあまり変化が見られないこともあり、そんな日は「デイトレードするにはイマイチだ」と感じることが出てくるかと思います。このような状況になった場合でも、取引時間中にランキング情報を参考にしていくつかの銘柄をあらかじめ選んでおきましょう。これは何故かと言うと、ランキング情報は株式市場が開かれてから終わりを迎えるまで、絶えず株価の状況に応じてリアルタイムで変化しているので、他の投資家が現在どの銘柄を頻繁に取引しているのかをリアルタイムで把握することができるからです。なるべく多くの投資家が取引している銘柄を探し出して取引した方が利益を生む可能性が高いのは言うまでもありません。ただ間違えないで欲しいのは、ランキング情報を活用するあまりにランキングから選んだ銘柄だけにこだわる必要はないということです。取引を一度もしたことがない銘柄を選ぶよりも、これまで取引したことのある銘柄、いわゆる得意銘柄の方が株価の動きもある程度予測しやすくなるので、ランキング情報に従って銘柄を選ぶことはないのです。デイトレードを始めてみようと考えている方は、まず得意銘柄からデイトレードしてみるのも一つの方法だと思います。

Favorite

最終更新日:2017/1/30